予約お知らせサービス登録

スタッフ・インタビュー 受付 松島 奈都美

HOME > スタッフ・インタビュー 受付 松島 奈都美

地域のお子様からお年寄りまで幅広い年齢層の患者様が来院されるひまわり歯科!
そこで受付として勤務されている松島奈都美さんに受付としての心構えやひまわり歯科が多くの患者様にご愛顧されている理由についていろいろ伺ってみました。

今、この医院ではどんなお仕事をされているのでしょう?

現在は、受付を行っています。こちらで勤務をすることになった当初は、助手と受付を兼任していたのですが今は、受付業務や患者様の対応をしています。
患者様の予約調整を行ったり、電話対応やお会計が主なお仕事です。

お仕事でご苦労されていることはありますか?

受付って医院の顔であり、患者さんが来院された時にまず最初に接する存在になります。それに待合室と治療するところってドアで隔てられていて、患者さんにとっては待合室で接するスタッフは私だけなので、患者さんにとって一番近い存在なのです。
ですので、診療室で言いにくい事などを言いやすい受付であること、そういう存在で居られるようには常に努力しています。

大変だと思うのは、常にそういう気持ちを保ち続ける事です。長く働けばそれだけ初心の気持ちは忘れがちになってしまうものだと思います。この医院では毎月の目標を各スタッフが書くことになっているので、毎月私は「初心の気持ち」という言葉を目標にしています。
院長が患者さんのためとは何か?を常にスタッフに伝えているように、私も受付の後輩には、患者さんのために何が出来るか、今どう動くべきかを伝えていくようにしています。

ズバリ、初心の気持ちとはなんでしょうか?

私にとって初心の気持ちと言うのは、自分のためでなくて、患者さんに何をしてあげるかということを常に考えられるかだと思います。勿論、それだけでなく、本当に患者さんが満足して頂けてるかどうかということだと思います。
確かに、仕事のスキルが上がれば、業務の効率化や高度化はしていくべきものかもしれませんが、そればかりにとらわれてしまうと、患者さんのためにという気持ちを忘れがちになりそうですから、常に、初心の気持ち「患者さんに近い存在でいること」ということを考えるようにしています。

いろんな患者さんがいらっしゃると思いますが、どんな対応をされていますか?

同じ患者さんでも、日々その人の感情って違うものですよね。ですから、その日その日の患者さんがどんな気持ちでいるのか?それをつかむためにも、必ず私から声をかけるようにしています。お天気の話や今日あった出来事など他愛もない世間話ですけど、その中での小さな点でも気づきたいと思っております。少しでも不安な気持ちがほぐれたらと思っております。
受付は医院の顔で、来院頂いた時とお帰りいただく時は必ず対応するわけです。お帰りいただくときに患者さんにご満足いただいて気持ちよくお送りするようにしています。
歯医者さんってすごく独特の雰囲気で、だれもが来院するのって楽しみにしているものでは無いと思うんです。特に怖いイメージの処置をした時などは不安も大きく、その時の患者さんの気持ちに少しでも近づけるよう、必ず「もしお痛みが出たらすぐにおっしゃってくださいね!」とい言ったような声掛けをしたりということです。つまり、いかに患者さんの不安を取り除き、モチベーションをあげられるか、そんなことを考えて患者さんと接しています。

松島さんなりに考えるひまわり歯科のイメージは?

この医院って院長、他の先生、スタッフ皆が本当に仲良しなのです!
休みの日に出かけたり、休みでも連絡を細目に取り合ったりしている程、本当に仲良しなのです。嫌な事があればそれを共有し、仕事で何かあれば皆で考えお互いフォローし合える、それをごく自然に行えるスタッフの関係で私もたくさん助けられています。
他の医院で、院長先生が気難しかったり、スタッフ間の仲が悪かったといった話は良く耳にします。
そうするとスタッフがのびのび仕事をすることができないし長続きしないと思います。ここはそんなことが全くないのです。そういう雰囲気を作り上げているのが舘院長なのだと思います。そういう医院の雰囲気って患者さんに伝わってしまうのですよね。
私にとってのひまわり歯科のイメージは、明るくてアットホームな歯医者さんです。

ズバリ、松島さんから見た舘院長ってどんな人でしょう?

おそらく、他のスタッフより私が一番院長と話をしていると思います。それも仕事の話だけでなくてそれこそ世間話を含めて….極端な話、私の家庭の夫婦げんかの話まで聞いてくれるんです。それに対していろんなアドバイスをしてもらっています。それに逆に院長からも「こんな嫌なことがあって==」みたいに仕事と全く関係にない仕事をしてきたりするんですよね!ですから、「お母さん」みたいな存在でしょうか?
院長って男性ですからホントは「お父さん」みたいと言うべきなのでしょうけど、父親と娘の関係って一般的に微妙で、娘から自分の話ってあまりしたがらないですよね。
でも、院長には何でも話せるのです。不思議ですけど…そういう意味で「お母さん」みたいな人なんですよね。
勿論、仕事についても悩んでいることがあるとそれについて的確な指示をいただけますのでとても安心できる院長です。

今までお仕事をしてきて嬉しかった事はなんでしょう?

この医院で働き始めて今年で6年目になりますが、患者さんから『また会いに来ますね』や『しばらく会えなくなるのは寂しいよ』 と言われる事が私にとって嬉しい言葉です。
長く務めていて、患者さんと顔見知りになり、久しぶりに来院された方が覚えていてくれる。私はそうゆう受付になりたくて歯科の受付になりました。
今、理想だった受付に近づけてる事が本当に嬉しいです。

スタッフ間では、そうですね!この医院ってスタッフの誕生日の時って必ず院長がケーキを買ってきてみんなでお祝いするんです!それがすごくうれしくてそんな職場ってほとんどないと思うんですよね!

最期に、この医院に来院する患者様へメッセージをお願いします。

歯科医院に来る患者さんの多くは不安を抱えているものだと思います。色々な事を考えていらっしゃると思いますし、実際私も病院に行く前は不安もあります。ですので、どんな些細な事でも伝えて欲しいと思います。
何でもいいんです、処置が不安だったり、どんな小さな事でもおっしゃって下さい。
私の仕事は患者さんと医院を繋ぐ事だと思っています!ですので何でも話して下さいね。

各種カードご利用いただけます

医)立靖会でフィリピン台風災害支援として歯ブラシをフィリピンに送りました。

フィリピン台風災害支援
ページトップへ戻る